おそうじ習慣化のススメ♪,記事

感覚で覚えよう。(おそうじ習慣化のススメ♪)

前回、正しいおそうじの方法を知ることで、

 

 

おそうじに対する苦手意識を、変えることができるとお伝えしました。

 

前回記事

 

ホコリの掃除方法について述べましたが、

 

 

どんな、汚れにも正しいアプローチ方法があります。

 

 

 

汚れについてや、洗剤についての、

 

 

基本的な事を覚えると、

 

 

おそうじがとても捗ります。

 

 

 

 

文章や理屈で覚えようとすると、

 

 

なんだか難しく感じるかも知れませんが、

 

 

 

知っていると、結果が出るので、

 

 

(汚れが落ちるので)楽しくなります♪

 

 

 

そんなに難しくないので、是非覚え頂ければと思います。 😉

 

 

 

汚れの種類。

 

 

まず、ご家庭内の汚れについて、大まかに分けると

 

 

 

次の3種類になります。

 

 

 

①ホコリなどの乾いた汚れ、

 

 

②油汚れや手垢、排水口のヌメリなどのベタベタした汚れ、

 

 

③水あかや尿石などの、硬い汚れ。

 

 

 

ベタベタした汚れは、食物油や皮脂などの「酸性」の汚れになります。

 

 

逆に、キッチンの水垢や、トイレの尿石など、

 

 

カチカチの硬い汚れは「アルカリ性」の汚れです。

 

 

 

これらの、汚れの性質と、反対の性質の洗剤を使うことで、

 

 

汚れが落とせる。

 

 

という事を、まずは覚えてください。

 
酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤

 

 

 

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤

 

 

なので、まずは

 

 

ベタベタ・ヌメヌメには、アルカリの洗剤

 

 

カチカチには、 酸性の洗剤

 

 

といった具合で、感覚で覚えてみてください。

 

 

 

 

 

ね、簡単ですね♪^^

 

 

 

 

次回に続けます。