エアコン,エアコンクリーニング事例,ブログ,分解クリーニング,記事

機能が多いと、問題も多い?多機能エアコンのこれからについて。

これから必要な価値。

当店で、一番ご依頼の多いメニューが、エアコンの完全分解クリーニングです。

 

2006年ごろから普及しだした、フィルター自動お掃除機能付きエアコン(いわゆる、お掃除ロボ付きのエアコン)のご依頼も年々増える一方です。

 

ご存知の方も、増えていると思うのですが、このお掃除ロボエアコン。

構造が複雑で、実は内部が汚れやすい(カビが生えやすい)という特徴があります。

 

日本では、付加価値を付ける=機能を足す、増やす。という考え方が出来上がっているのか、メーカーは、色んな機能や他社にはない目新しい機能を前面に押し出し、競い合っているように見えます。

で、結局、機能が増えすぎて、消費者が理解できない、使いこなせない。そんな現状だと思います。

でも、これって消費者が置いてけぼりというか、満足度を高めるどころか逆効果なんじゃないでしょうか?

 

お掃除ロボエアコンにおいても、色んな機能が増えた分、汚れやすくなっています。つまり、生活しづらくなっているのです。

実際に、エアコンクリーニングのご依頼が増えているという事実が証明しています。

 

暮しに合わないもの、暮らしにくくなる商品なんて、いずれ必要とされなくなってくると思います。

機能ばっかり追い求める、前時代的?昭和的?な価値観は、そろそろ終焉を迎えるんじゃないでしょうか。

 

皮肉にも、当店に一番多いご依頼が、そんな偏った価値観が生んだ生活上の問題を解決することだということですが(^^;

 

ややこしい構造で、汚れやすいエアコンより、簡単に取り外せて丸洗いできるエアコンの方が、よっぽど多くの消費者に喜ばれると思います。

エアコンもシンプルに戻っていくことを願います。

 

私たちクリーニング業者にとっては、汚れにくいエアコンや、自分で洗えるエアコンが普及してくれば、エアコンクリーニングのご依頼は減るかも知れません。

しかし、お客様に喜ばれる仕事は何なのか?役に立てることは何なのか?ということを真剣に考え、実践し、本当に必要とされる価値を生み出していきたいと思います。

 

「空気が変わった。」~エアコン完全分解パーフェクト洗浄・施工例~

今回も、汚れてしまったエアコンをキレイにしてまいりました^^;

 

こちらは、リピートのお客様です。3年ぶりのクリーニングとなります☆

実は前回のクリーニング後に、「空気が変わった」のを感じられたということ。

 

クリーニング後のエアコンからのキレイな空気を吸い込み、汚れていたんだなーということを実感されたという、嬉しいお声を頂戴いたしました^^。

 

施工事例を、どうぞ、ご覧ください。

IMG_2459

ダイキン 2010年製AN50LRPJ-W

6年ご使用の、「お掃除機能付きエアコン」です。

IMG_2461

 

カバーを取り外すと、埃を綺麗にお掃除してくれるはずの「お掃除ロボ」がホコリで覆われていました・・・

IMG_2463

 

IMG_2464

残念ながら、お掃除ロボの、キャパオーバーです。

 

IMG_2465

なので、お掃除ロボが取りきれていない、埃が熱交換器にもビッシリ・・・

 

さあ、本体も全てパーツを取り外します☆

IMG_2467

 

取り外さないと綺麗に出来ないドレンパン(水受け)の裏側にもカビの繁殖が見られます。。。

IMG_2468

 

さあ、しっかり綺麗にしていきます☆☆☆

 

IMG_2476

 

IMG_2475

 

IMG_2473

 

これでまた、空気の変化を感じて、気持ちよくお過ごしいただけることと思います。☆

 

■エアコンの汚れ・嫌なニオイでお困りの方は、ご相談ください☆