おそうじ習慣化のススメ♪,ブログ,記事

プロが教える、おそうじを”正しく”楽しむための3つのポイント。

業務用洗剤はよく落ちる!という勘違い・・・

 

IMG_8937

 

今や、インターネットで業務用洗剤も、誰もが買えるようになりました。

 

「業務用」と書いてれば、

 

よく落ちる?

強力?

キケン?

量が多い?

 

そんなイメージでしょうか。でも、業務用と一般用の境目って

とても曖昧です・・・

 

 

おそうじセミナー等では、お伝えするのですが、いくら業務用の洗剤や、よく落ちると有名な洗剤を使っても、

基本的なことを知らないと、効果が出ないことも多々あり、場合によっては、お家を傷めてしまうことになります。

 

普段のお掃除においても、知っておいて頂きたい、そして、おそうじを正しく楽しむために大切な以下の3つのことについて、お話していきます。

 

①汚れの性質

 

②対象の素材の特徴と、注意点

 

③使う洗剤とツールの性質

 

 

面倒だと思うかも知れませんが、この3つの組み合わせを間違うと、効果が出なかったり、

傷めてしまったり、効力が充分に活かせないのです。。。

 

 

逆にいうと、この基本を押さえておけば、おそうじのレベルは格段にアップします!

 

 

基本は、九九を覚えるようなものです。あとは、掛け算の桁が増えていくだけ。

 

経験を積んで、応用が利くようになると、プロのレベルに近づいていきます^^

 

汚れの性質について

 

①乾いた汚れ②湿った汚れ③べたつく汚れ④固まった汚れ⑤シミになっている汚れ

 

上記の中で、洗剤を使用するのは

 

③以降の汚れになります。

①はドライモップや、掃除機などを使います。

乾いた汚れは乾いたまま取るのが基本です。 濡らしてしまうと、効率が悪いからです。

 

 

②の、水だけで落とせる汚れは、出来れば洗剤は使わずに、水拭きだけで落としましょう。

 

気になる方は、アルコールなどで拭き取るようにしましょう。

 

さて、③以降の汚れには、性質によって使い分ける必要があります。

代表的なのをお伝えすると、

 

酸性の汚れ=油汚れ、皮脂汚れ、手あか、など、べたつくような汚れ。

 

アルカリ性の汚れ=水垢、尿石、雨垂れ、などの硬質な汚れ。

 

こういった、汚れを洗剤のチカラで落とすという事は、中和とか、分解という化学の世界です。

 

 

例えば、酸性の汚れ(油汚れ)には、アルカリ性の洗剤で、化学変化を起こし、汚れを落とします。

 

 

だから、酸性の汚れに、酸性の業務用洗剤を使っても、何も変化が起きず。。。

 

「業務用なのに、汚れが落ちない~」となるのです^^;

 

 

 

物理的に、クレンザーや研磨剤などで落とす場合も、まず、化学的なアプローチを行ってからでないと、 効果が十分に発揮できません。

 

 

簡単にまとめると、

 

べたつく汚れは、酸性なので、アルカリ性の洗剤が効果的。

 

硬い汚れ(水垢などの固まってるもの)はアルカリ性なので、酸性の洗剤が効果的。

 

 

あとは、洗剤にはPH(ペーハー)値というものがあって、これで、強弱を表しています。

中性が、6~8で真中。中性より低い数字、5~0が酸性で、0に近いほど強い酸性を表します。

中性より高い数字9~14がアルカリ性で、14に近いほど強いアルカリ性を示しています。

 

 

一般的に業務用とか、強力と言われるものは、強い酸性だったり、アルカリ性だったりします。

もちろん、 強力ということは、その分リスクも高く、汚れ以外にも対象物を傷めてしまう危険性があるので、使い方には十分注意が必要です。

 

 

本当のプロクリーニングとは、そのあたりの、汚れと材質の見極めを間違わずに正確に対応できるという事です。

 

 

なので、「業務用の強い洗剤しか使いません!」とか「安全な成分の洗剤しか使いません!」という、おそうじ屋さんは

汚れを落とすリスクを把握していなかったり、落とせない汚れが多かったりします。

 

 

そんなことも、おそうじを依頼するポイントにして頂ければ幸いです^^

次回は、対象の素材の特徴と、注意点について書いていきます^^

 

 

 プロ仕様の、汚れ落ち抜群の洗剤&おそうじアイテムが買える!
「洗剤の基本が分かる、使い方説明書付き♪」
ネットショップはコチラ!