エアコンクリーニング事例,ピカピカ事例,メニュー,分解クリーニング

冷えない。風が出ない・・・②(シャープ AY-T28SX-T 2006年製)

今回も、遭遇しました。。。

吹き出し口付近に手をかざしてみると、

風が明らかに弱く、出ているところと出てないところが・・・(^^;

IMG_2143

シャープ製では、「お掃除機能付きエアコン」の初期のタイプです。

シャープ AY-T28SX-T 2006年製

シャープ製のお掃除ロボエアコンは、クリーニングを断られることも多いようです・・・

その理由としては、構造が複雑で分解しづらい(出来ない)ということかと思います。

当店では、すべてのメーカー・機種に対応していますが、

確かに、シャープ製は複雑で分解・組立にかなりの時間が掛かります。。。

特に初期のお掃除ロボエアコンは、さらに手間がかかる印象です。

ま、それはお客さまには関係ないので、やるしかありません(笑)

時間が掛かりますと、了承を得たら作業開始です!

熱交換器をすっぽり覆っている、「お掃除ロボ」↓
シャープ AY-T28SX-T 2006年製

取り外して、さらに丸洗いできるよう分解↓
シャープ AY-T28SX-T 2006年製

お掃除ロボユニットを取り外した状態の熱交換器↓
シャープ AY-T28SX-T 2006年製
そりゃ風が出ないわけです。。。

何度もお伝えしていますが、この部分はフィルターお掃除ロボの
仕事の範疇ではないのです・・・(T T)

7~8年経過すると、埃の量も半端ではなくなります。。

風が弱くなってきた??と感じたら、

是非お早めのクリーニングをお勧めいたします^^

シャープ AY-T28SX-T 2006年製
水の溜まる、ドレンパン・ファンを取り外したところです。

黒なので分かりにくいですが、埃にカビ・・・
汚れが溜まる部分ですので、取り外してキッチリ洗浄します。

シャープ AY-T28SX-T 2006年製
こちらは、背面の溝のアップ画像。

この部分は、取り外さないと全く綺麗にできません。

完全分解でないと洗えない部分です^^

シャープ AY-T28SX-T 2006年製

シャープ AY-T28SX-T 2006年製

シャープ AY-T28SX-T 2006年製

熱交換器は、シルバーの輝きを取り戻し、

ドレンパンやファンの樹脂部分は、黒く艶やかに^^

もちろん、風も快調に出るようになりました♬

29度設定での試運転でも、「涼しい~!」

と喜んでいただけました^^