エアコンクリーニング事例,ピカピカ事例,メニュー,分解クリーニング

新しいお掃除機能付きエアコン。

残暑お見舞い申し上げます(^^)

まだまだ暑いですね~

しかしながら、随分とエアコン クリーニングのご依頼は落ち着いてきましたね(^^;

今月末は、水回りクリーニングのご予約を沢山いただいております。

水回りのクリーニングは、エアコン クリーニングと違い、

時間の読みにくい作業となりますので、

短時間での作業をご希望のお客様には、ご迷惑をお掛けすることになるかもしれません。

ご依頼の際は、是非とも時間の余裕を持ってご依頼いただければ幸いです。

さて、先日作業させていただいたエアコンクリーニングですが、

昨年(2011年製)のモデルが2件ありました。

まずは、シャープのプラズマクラスター、2011年製。
画像の説明

こちらは、医院さんでしたので、比較的稼働率は高かったと思いますが

約一年で、なかなかの汚れ具合。。。でした(^^;;

前面パネルを取り外し、
画像の説明

お掃除ロボも分解。
画像の説明

真っ白なドレンパンには、カビが目立っています。。。
画像の説明

本体の中を覗き込めば、同じようにカビ汚れが目立っています。
画像の説明

クリーニング後。。。ドレンパンも、
画像の説明

本体内部も熱交換器もスッキリです(^^)
画像の説明

続いては、富士通ノクリアの2011年製。
画像の説明

こちらは臭いが気になるとの事で、ご依頼いただきました。

さあ分解。

ファンには、こびりついたようなホコリとカビ。。。
画像の説明

丁寧にしっかり洗浄!新品のように復活です(^^)
画像の説明

丸裸の熱交換器も、たっぷりの水流でスミズミまでディープクリーニング!
画像の説明

画像の説明

気にされていた臭いも消え、一安心(^^)

今回ご紹介したように、お掃除機能付きエアコンとはいえ

約一年で、このような汚れが育っています。

「フィルターをのホコリを掃除する」為だけに、エアコンを覆っているお掃除ロボ。

通常のエアコン以上に、内部が汚れやすくなっている印象が拭えません。

また、そのホコリでさえキャパシティーを超えると、内部に溜まってしまいます。。。

高価な金額に見合う価値があるかどうか。。。

みなさんはどう判断されるでしょうか?