トイレ・ウォシュレット事例,ピカピカ事例,メニュー

綺麗に見えても。

一見綺麗に見えても、実は汚れてる。

そんなトイレの汚れをご紹介します

トイレ掃除は侮れません。

見える汚れはもちろん、見えない汚れが「臭い」の原因になってたりします。

だから、分解・徹底クリーニングでスッキリさせます

便座の付け根。台座の付け根。便器の際。便器の裏側。ウォシュレットの中。

そんな所に隠れています。

もちろんタンクの中や、換気扇も分解洗浄でスッキリ!

↓綺麗に見えても。
画像の説明

↓便座を外すと・・・。隠れています。
画像の説明

↓しっかりクリーニング
画像の説明

↓ウォシュレットを開けると・・・。残っています。
画像の説明

↓キレイに。
画像の説明

↓カバーの裏も・・・。
画像の説明

↓キレイに!
画像の説明

↓こんな所も忘れずに
画像の説明

ちなみに、こちらのトイレは水がチョロチョロと、ずっと出ている状態でした。
(便器の中に。)

そんな場合は、タンクの中のフロートゴム(水を止めている球状のゴム)が
劣化している事が考えられます。こんなの⇒(取替用フロートゴム玉)

事前に分かれば用意していきますが、ホームセンターなどにも売ってるので、
ご自分で交換されてもよいと思います。
(元栓をマイナスドライバーなどでしっかり締めてから作業してくださいね)