エアコンクリーニング事例,ピカピカ事例,メニュー,分解クリーニング

富士通のエアコン。

富士通のエアコンは、ドレンパン(水を受ける部分で、カビや汚れが溜まっています。)を外すと

送風ファンごと一緒におろせる事が出来るタイプが多いようです。

一見すると、ドレンパンが本体と一体型の為、取り外しは難しく思えるので、

今まで(今年夏の初めごろまで)は、当店もドレンパンを外さずクリーニングをしてきました。

ほとんどの業者さんはそうだと思います。

でも、実は今年お伺いしたお宅で、臭いが取りきれず(エアコンの風)再クリーニングにお伺いする事になり、

それ以降ドレンパン(ファンごと)を取り外す様にしました。

分解後は、熱交換器だけになり完全分解クリーニングといえるようになります。

背面の固定金具(エアコン本体を支えている支持板)から本体を外さないといけないため、

簡単ではありませんが、かなりスッキリ洗えるので仕上がりも満足です

↓お掃除ロボ付きのノクリア2005年製です。
画像の説明

↓お掃除ロボを外した状態。 ホコリがビッシリです・・・
画像の説明

↓ドレンパン、送風ファンごと全て降ろします。
画像の説明

↓丸裸です
画像の説明

↓通常の富士通製エアコンも、出来る限り同じように分解して洗浄します。
画像の説明

↓熱交換器以外、全て降ろします。
画像の説明

↓スッキリ洗浄完了です
画像の説明

今年からは、その他の機種に関しても出来る限り

ドレンパンやファンを取り外す様にしています。

エアコンの徹底クリーニングなら是非当店にお任せ下さいね!