エアコンクリーニング事例,ピカピカ事例,分解クリーニング

ホコリ舞うエアコン。

2000年製、東芝エアコン。

本日の一台、東芝RAS-2250DH

 

IMG_0005

 

スイッチをオンすると、何か飛んでくる・・・

 

という状況でご依頼いただきました。

 

 

試運転も気を使いますね。^^;

 

 

 

吹き出し口を覗いてみましょう。

 

IMG_0009

 

原因は、もちろんこの↑ 綿ぼこりのような塊です。

 

さー、分解!☆

 

 

カバーを外してみると、

右側の電装部分も、ホコリが密集してます。

 

IMG_0007

 

これは、火災の原因にもなりかねません!。><

危ない危ない。。。

 

 

全てのパーツを取り外し、丸裸に。

IMG_0010

 

 

周りをしっかり養生して、洗浄開始☆

 

 

※洗浄中は、こんな感じ(別日の画像)

IMG_4999

 

 

 

 

取り外した状態の、

↓先ほど吹き出し口から見えていたファンです。

IMG_0011

 

うっすら青いのが分かるでしょうか?

 

 

 

これを、洗浄して、カビ取りを行い、仕上げると・・・

IMG_0013

 

IMG_0012

 

実は、こんなに鮮やかなブルーでした^^☆

 

IMG_0015

洗浄後は、風量もかなり回復しました。

これで、まだまだ気持ちよくお使いいただけます。

 

 

エアコン君も、「これで、まだまだ頑張れる!」と、

 

言ってたような気がします 笑

 

 

エアコン完全分解の申込みページ

 

 

■エアコンの臭いが気になる。エアコンをつけると臭い。。。

エアコン丸ごと完全分解クリーニングがおススメです。