エアコンクリーニング事例,ピカピカ事例,ブログ,分解クリーニング

シャープ・お掃除機能付きエアコン「完全分解エアコンクリーニング」(AY-T63SX・2006年製)

お掃除機能付きエアコンの初期モデル

大雨の被害、本当に大変ですね、みなさま大丈夫でしょうか?

今日は雨が上がり、蒸し暑い一日でしたが、

しっかりクリーニングをさせていただきました☆

 

今回のクリーニング事例は、シャープの「お掃除ロボット付きエアコン」の初期モデルです。

2006年製、型番は「AY-T63SX」

 

数年前に、ある業者さんにクリーニングの依頼をしようと、聞いてみたら、

シャープのお掃除ロボエアコンは「クリーニングできません」と言われたと、仰ってました。

確かに、このシャープ製お掃除ロボの「初期モデル」は

分解するのに複雑なポイントが多々あります。。。(汗)

断る業者さんが多いのも頷けます。

安さが売りのクリーニングなら、まず手を出さない方がいいでしょう。

 

初めて触った時(8年前くらい)は、分解洗浄組み立てに、6時間以上かかった覚えがあります。

しかも、当時は「完全分解」までは、していなかったので、

そこそこの分解で、かなりの長時間、悪戦苦闘したイメージがあります。

 

隠れた箇所にビスがあったり、配線の納まりが悪く、取り外しだけでなく、取り付けにも神経を使います。。

(微妙なズレでもあると元通りに組み付けられなかったり・・・)

 

2006年製なので、もう12年超えの製品。

まだ不具合はないということですが、冷えが悪くなってきたといことと、

前から気になっていたという事で、

 

今回は、インターネットで色々と比較検討した後、当店にお声かけ頂きました。

きちんとやってくれる業者さんを探していたんです、と嬉しいお言葉。

本当に有難いことです☆

 

集中してしっかりと、徹底的に綺麗にさせていただきました!

今回の所要時間は、2人で4時間と少し。

丁寧に仕上げますので、これ以上の時短は難しいかと思います。

 

「完全分解エアコンクリーニング」施工事例

AY-T63SX 2006年製

パネルカバーを外すと、引き出すタイプのフィルターが見えます。

 

カバーを外して、お掃除ロボユニットを取り外します。

配線基板がテープなどで、割と強引に纏められてます^^;

 

全部のパーツを分解。

熱交換器だけが残り、丸洗いできる状態に☆

すごいホコリとカビの量ですが、12年分なので仕方ありません…(^^;

 

取り外した、部品類。

結露の水やカビ汚れが溜まる、ドレンパン一体式の本体パーツ。(上部)

風を送り出すファン(下部)

 

スッキリ丸洗いしていきます☆☆

 

背中もびっしょり、頑張ってる後姿(笑)

清々しい空気を取り戻して、お客様に喜んでもらえることを想像すると

モチベーションが上がります^^

 

さあ、どうでしょう!!

見違えましたね☆

あの量の汚れを落としたあとの爽快感は別格です^^

 

 

パーツ類も、ピカピカで爽快です。^^

あとは組み付けて完了!!!

 

分解・洗浄・組み付け、総時間4時間ちょっと。

出てる風が、全然違う!とお喜びいただけました。

 

作業中も興味深くご覧いただいてたので、クリーニングの時期や

エアコンのことについてご説明させていただきました。

 

また、違う部屋のエアコンも、オフシーズンにお願いしたいと

仰っていただき、本当に有難うございました!

 

長丁場になりますが、他店が嫌がる(苦笑)シャープのエアコンも

しっかり綺麗にさせていただきます☆

エアコンのクリーニングは、当店の

「エアコン完全分解パーフェクト洗浄」にお任せください^^

 

今月のご依頼は、残りわずかですが、お受けできます☆

ご相談はお気軽に☆

 

フリーダイヤル:0120-933-974

「お問合せフォーム」