ブログ

冬場に気をつけたいカビとは?

こんにちは、大阪のハウスクリーニング コットンです。

 

冬は乾燥をしているのでカビを心配をすることはない
と思いがちですが、実は気をつけなければならないことがあります。

 

冬の朝になると窓ガラスに結露が起きていること、ありませんか?

 

それは、外気と室内の温度の温度差から
ガラスに水が発生してしまっているんです。

 

そのままにしていれば自然に乾くものなので
放置している人も多くいると思いますが、
そうしているとカーテンが濡れた状態になり
カビが発生してしまいます。

 

布についたものはしっかりと乾かさずに
一つにまとめてしまいがちですが、それがとても危険なのです。

 

一度ついてしまうと洗濯をすることがとても大変なので、
気をつけなければなりません。

 

濡れた状態を避ける為には、
朝起きてガラスが濡れている事を確認したらすぐに拭く事と、
濡れてしまっている部分があったら乾かす事がとても大切です。

 

濡れた状態でそのまま放置をする事で、
室内の湿度も高くなって菌の発生がしやすい状況になるので
布類に付着をしないように配慮しましょう。